If winter comes, can spring be far behind?
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2005.06.30 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
だらけてる・・・
最近、朝が弱い。弱すぎる。
今日なんて、大学11:10からだったのに起きたら10:50でした。
もちろん、行けるわけも無く・・・お休みしました。

カナダでは早起きしてたのにな。
毎朝7時出勤していたreinaは一体どこへ・・・
私は、もともとだらけ癖があるようだ。
簡単にダラダラ生活に馴染むことが出来てしまう。
少しでも甘いと、規律正しい生活が離れていく。

今やるべきことを決めよう。
そうしたら、ひとときの時間の無駄ももったいないと思うだろう。



【2005.06.30 Thursday 20:29】 author : reinalinai
| - | comments(8) | trackbacks(132) |
もらった
家の電話がリンリンリン〜〜〜

電話にでてみると企業からの電話でした。
おぉ!おっ!うぉ〜〜〜
先週、最終面接を受けた旅行会社から電話がかかってきた。

「御社を第一志望と考えております」と答えた。 
 内定いただきました。

もらったものの・・・きっと旅行会社は行かないな。
それでも、第一志望ですって言ってしまった自分。

はっきりと方向性が見えてないから、切ることができないのかな。
意思決定が弱いな・・・

パシッ!バシッ!と決められない。
【2005.06.22 Wednesday 09:59】 author : reinalinai
| - | comments(1) | trackbacks(0) |
旧友


本日は高校時代の友人と会ってきました。
今回はその一人が仕事でシンガポールへ移住するため送別会をした。


確かに、卒業以来はお互いに会うことなく過ごしてきたが、
いざ彼女がいなくなると寂しい。

また、今日は学生と社会人の違いを思い知った。
学生と社会人の違いは沢山あるが、その一つとして時間が挙げられる。
今日は多くの人数が集まれたが、数人は仕事を終えた後の集合だった。
なんだか、学生という立場の自分がいかに甘い生活なのかを考えた。
集合の時間には必ず行くことが出来るし、いくらでも融通がきく。

私は一年間、いわば余分に学生をしている。
とても幸せものだし、甘くはないのかと問いかけた。
何のため、どのような思いで一年の猶予を得たのか。
本来ならば、今働いているはずだった。

せっかく、得た一年を意味のあるものにしていきたいと思う。
これが私の今、できることだから。
そのために、就職してから役立つ知識を身に付けていこうと思う。
勉強しようとしても、時間のない社会人。
勉強する気ならばいつでもやる気次第でできる学生。
このチャンスを逃すわけにはいかない。

もちろん、知識があれば仕事ができるという単純なものではない。
ただ、知識の蓄えは自分の自信にもなるだろう。
入社後のスタートラインも、いわば一歩すすんだものになる。きっと・・・
スタートが同じならば、少しでも前に進んでいる人のほうが有利だ。
そこで、私は英語の勉強と貿易の勉強をしようと思う。
一年遅れながらも、友人達に追いつくために。
そして、自分のために。










【2005.06.20 Monday 01:01】 author : reinalinai
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
バンクーバー上陸予告
こんにちは。
大発表です。
来る2005年10月 バンクーバーに降り立つ・・・かも。
まだまだ、何にも決まってないし、予定も未定だけどバンクーバー行くかもよぉ〜〜〜

その理由は・・・次回発表します。
【2005.06.18 Saturday 22:42】 author : reinalinai
| - | comments(3) | trackbacks(0) |
何が正しい!!!
非常に頭が痛い 悩 悩 悩・・・ショック
何が!? 自身の将来について。

通常、親世代は安定を好む
    若者は挑戦を好む

これは自然の道理だろうか。
人生を長く経験してきた者はその厳しさを知っている
だから確かな道を行く。きっと夢より、現実派か。

人生経験の浅い若造は厳しさを知らない。若さゆえに挑戦を好む
もし・・・でも、若ければつぶしをきかすことは不可能ではない。
             ↑この考え方が甘いのか!?

現在、ベンチャー企業への就職を優先に考えている。
特にとりえのない自分ながらも一杯一杯やってみたい。
叩かれながらも挑戦していきたいからだ。
そして何よりも、その会社の事業に興味がある。面白い!
そして海外相手にビジネスをしている。reinaがやりたかったことだ。
ただ、少し実力社会についていけるか不安汗

その反面、実は金融機関で働く道もある。
安定と信頼がある。  
親世代に尋ねると、口をそろえて銀行がよいと言う
しかし、別に金融を学んでいて興味があったわけではない。
まあ、銀行で色々な知識をつけるのも悪くは無いが・・・

何が正しい
結局は自分が決めること

しかし、反対を押し切るのも嫌だ
ガミガミうるさく言われるようなら逆切れ作戦で突破するのだが、
あなたがやりたいようにやりなさいと言われると・・・
言葉の裏に隠された本音が心に染みてくる。

さあ、どうする小娘女

きっと若いうちは頑張ったもの勝ち!


【2005.06.16 Thursday 21:59】 author : reinalinai
| - | comments(1) | trackbacks(0) |
海外にお友達
最近、よくメールをする友人がいます。
彼女はEBCでインターンをしていたドイツ人の子。
お互いに近況報告とかする何気ないやりとりが楽しい☆

バンクーバーにいるとき、彼女とは実際によく遊んだわけではなかったけど、密かに仲良しになりたいと思っていたんだよね。
ただ、心の中で戸惑っていた・・・恥ずかしかったんだよね。
英語が話せるとか、話せないとかではなくて単にコミュニケーション上手の国際人になりきれていなかったから。
単に違う国籍だってだけで、同じように友達じゃん。
変に意識するから、どことなく緊張してた 
  ↑きっとSは普段通りだったんだろうけど・・・

ちっぽけなことにこだわらず、色々な人に向かっていく人はやはりコミュニケーション上手!!!見ていて自然だもん
これを考えるとreinaはまだまだです。
やっぱり、外国人に囲まれると動揺しちゃったり 冷や汗
変な心配に臆せず向かっていける度胸が欲しい
そのために自分は自分らしくありのままをベースにして磨いていこう。
自負する自信を得て、きっと誰とでも自然にいられるreinaになる
目指すは異文化コミュニケーションのプロ  グッド

海外での人とのつながりは、語学だけではなくて相手と向き合うこと、ちょっと恐がる自分と向き合うこと、そしてほんの少しでいいから勇気をだしてみることだということを学んだ 

そういえば、Sがreinaが空港で働いてたときに会いに来てくれたんだよね
嬉しかったぁ〜〜〜 それが最後に会った日だ。

今年はヨーロッパ進出します。そしたらドイツに遊びに行く嬉しい
調子にのって、彼女の家に泊めてもらおうかな 笑
あっ、ドイツならx-class mateのBにも会える☆



【2005.06.16 Thursday 04:00】 author : reinalinai
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
改めまして
新しいReinaのブログです。
今後は、こちらに書き込みをしていきますので☆★☆

LivedoorからJugemに変えてみた。
理由は、なんとなく。
というか新しく気分を入れ替えようかと思い、過去ログのない真っ白なもので始めようかと思ったからです。
心機一転

よろしく
【2005.06.15 Wednesday 00:52】 author : reinalinai
| - | comments(4) | trackbacks(0) |